明郷園で栽培・管理している紅茶用品種

希少品種「はつもみじ」

紅茶の製造が西日本の各地で盛んであった昭和30年代、四国高知でも山茶(山に自生する茶)を使っての紅茶作りが始まりました。

しかし、山茶では品質のいい紅茶が出来ず、当時日本で育成されていた紅茶用品種の導入が図られ、高知県にはおもに「べにほまれ」「はつもみじ」の2品種が導入されました。

昭和30年後半には紅茶製造も軌道に乗り、一時期海外へも輸出が行われ、「はつもみじ」は全国で700ha程栽培されていたようです。

昭和00年に外国産紅茶の関税撤廃(輸入自由化)が日本政府から発表されると同時に緑茶への転換が推し進められ、昭和45年をもって国産紅茶の製造は終わりを迎えました。

当時植樹されていた紅茶用品種の殆どは時代とともに姿を消し、今        

[佐川町尾川地区に残る50年生の「はつもみじ」の茶園]  では仁淀川流域の数か所に茶樹が残るのみとなりました。佐川町に

                           は「はつもみじ」の茶園が奇跡的に残っています。 

 

 

 品種の特性

 ・新芽の色は黄緑色

 ・茶葉は細長く大型(アッサム種の特徴が表れています)

 ・紅茶に加工した時の特徴

   水色ー濃いオレンジ色

   香りー砂糖を焦がしたカラメルのような奥深い甘い香り

   渋みー口切れのいい渋さ 

 

「はつもみじ」という名前の由来

 

 

 

 

 上の「はつもみじ」を親に挿芽をし、明郷園に定植して5年目の茶園。(秋)


紅茶品種「べにほまれ」

昭和28年に国産紅茶用品種として品種名(旧名:茶農林1号)が登録されました。

 


紅茶品種「べにひかり」


紅茶品種「べにふじ」


紅茶品種「いんど」


発酵茶・紅茶品種「べにふうき」